スタッフ募集

診療メニュー

一般・予防歯科

  • 虫歯
  • 歯周病
  • 親知らず
  • 無痛治療
  • PMTC・クリーニング
  • 外傷

審美歯科

  • インプラント
  • ホワイトニング
  • セラミックインレー
  • 歯ぐきの黒ずみ
  • 入れ歯
  • CAD/CAM冠

ポール式歯科矯正治療

ポール式矯正法とは、「歯列は舌の筋肉の発達によって発育する」というメカニズムを基本に「身体的に健康を維持できる歯列と噛み合わせ」を完成することを目的とした歯を抜かない矯正治療です。
当院では「抜かない矯正治療」として、ポール式矯正法をおすすめしております。

幼児期(4歳~7歳)

顎の骨が異常になる不正咬合、前歯や奥歯の反対咬合はこの時期に治療を開始します。
不正咬合のない子供にはガムを積極的に噛ませることで「舌の根元の筋肉作りのトレーニング」を行います。

 

学童期(7歳~12歳)

舌小帯の未吸収がある場合は切開します。そして3D装置を積極的に使用し永久歯を抜かないで並べるための誘導をします。
歯列の発育を歯科医が手助けをし、 舌の根元の筋肉作りのトレーニングを続けます。

 

中、高校期以上(13歳以上)

一般的には永久歯を2~4本抜いて並べる方法がとられますがポール式矯正法では歯を抜かない方法で治療にあたります。
患者さんの舌の筋肉がこれまでに順調に発達し、それによって歯列が正常に発達していたなら、本来の噛み合わせを目標に治療を行います。

矯正歯科の3つの方法

治療の開始時期(幼児期からなのか成人してからなのか)、また不正咬合の状態など、現状の個人差によって、最適な方法が異なります。

1.歯を抜く治療法

11歳~13歳頃は、乳歯がなくなって永久歯が全部がそろった頃です。
歯列の不正と咬合の不正は、小さい頃は前歯だけというような一見軽いと思われた不正であっても、大変ひどい状態になりやすい時期です。
このような症状は永久歯4本ぐらい間引きしないと治すことができません。
歯を抜く矯正治療法としては、この時期に抜歯する方法が治療期間として一番早く治せます。
期間は1年半から2年ぐらいで治療が可能です。この治療法は外から見える矯正器具を初めから歯につけて矯正します。
これは一般的に使われている矯正治療に多い方法です。

2.歯を抜かず、見えない器具で治す治療法

永久歯を抜かないこの治療法は、3年ぐらいかかりますが、そのうち約半分の期間は外から見えない簡単な器具で治療が可能です。

3.期間をかけて歯並びを作る治療法

早い時期から治療を始め、患者さんの歯列を成長させながら歯を並べていく方法です。
これは六歳臼歯が生えそろう頃から、見えない簡単な装置で行っていきます。
期間の目安として7歳ぐらいから始めて11歳~13歳頃までに終了します。
治療期間はかなり長くかかりますが、通院回数も少なく、器具は外から見えず、痛みもほとんどない大変楽な方法です。

抜かない非抜歯矯正

当院では歯を抜かない「非抜歯矯正」を行っております。ご相談ください。

永久歯を抜かないで矯正するには、早くから不正咬合の予防をしましょう。

3~4で矯正専門医に相談、骨格的なものは4、5歳から、歯並びは6、7歳から始めるのが目安です。
早い時期から始める矯正は、大人の歯(永久歯)を抜かなくてすみ、矯正が楽に出来ます。
受け口、あるいは反対咬合などの噛み合わせが前の歯列や横の歯列にあるときは、4歳を過ぎたら開始します。
3歳までは、治療が人間の情緒をつかさどる脳の発育を妨げる事になりかねないため、4歳という時期が目安です。
5歳を過ぎると顎が大きくなりすぎたり、顎変形症になってしまって、外科治療も必要になってくる場合があります。
 
生えてきた前歯が重なったり歯並びが悪い場合は、横の歯がまた乳歯でも、一番奥の大きな永久歯(六歳臼歯)が生えたら治療を開始します。
このころから始めれば、ほとんど100%永久歯を抜かないで矯正ができます。
歯並びについては、6~7歳頃から始めれば、永久歯を抜かずに自分の歯で健康な噛み合わせを作ることができます。

6~7歳頃に始めるメリット

不正咬合の予防治療として6~7歳頃に始めるメリットは、顎や歯列の成長が治療に利用出来る、歯が動くことに対して順応性が良い、これから生える歯のためのスペースを確保でき、永久歯が正しい位置に並ぶことが挙げられます。
将来、不正咬合の治療で永久歯を抜いたり、手術することがないようにするには、幼児期から、定期的に歯並び、噛み合わせ、顎のアーチの大きさ、形などをチェックしてもらうことが大切になってきます。

矯正治療装置について

治療計画に従って、装置を組み合わせて使います。また、治療内容によっては使用できない場合もあります。

固定式の装置

・3D装置(3Dモジュール矯正システム)

この装置は、舌側(歯や歯列の内側のこと)で使用して矯正治療をするものです。外からは見えにくく他人に気づかれずに、様々な歯列や噛み合わせの不正な状態を治すことができ、違和感はつけた日からほんの2~3日だけで、痛みもほとんどありません。
永久歯に生えかわるまでの矯正治療は、成長・発育を阻害せずに、自然に治療が進められるため、ほとんどがこの装置で進めます。

3D装置

・マルチブラケットメタルブラケット

歯の表面に金属のブラケットを装着し、ワイヤーで結びつけて歯を動かす装置です。ワイヤーを線路に歯が動くようにしていきます。

・マルチブラケットプラスチック製ブラケット

透明のプラスチック製のブラケットは目立ちません。人目が気になる方はおすすめします。
金属のタイプは動かすときにワイヤーとブラケットの摩擦が少ないので、歯のコントロールがしやすく、また壊れにくいという利点があります。

マルチブラケット

取り外しが出来る装置

・保定装置(リテーナー)

「保定」とは、歯や顎骨を移動させた後、その位置に固定し、後戻りしないようにする作業です。主に保定期間中に装着して頂く装置です。

リテーナー

・ポールスプリント

主に顎の正しい位置を決めたいとき、顎の関節が痛いとき、顎の筋肉やあごが疲れてるとき、ノドに落ちている舌を早く前方へ戻す場合や、不定愁訴(腰痛、肩こり、頭痛)などで苦しんでいる方などに応急的に使用したりします。

・ヘッドギア

上あごが大きすぎるために「出っ歯の骨格になっている」場合は、ヘッドギアで上下の顎の位置をコントロールして、上あごの骨の成長抑制をおこなうことがあります。

矯正治療の流れ

1 初診・カウンセリング

気になる歯並びや噛み合わせに関する疑問や心配な点などあれば何でもご相談下さい。あなたのお悩みをひとつひとつ伺い、治療の装置、費用などを丁寧にご説明させて頂きます。

2 精密検査

患者様の頭蓋骨のデンタルX線写真や顔とお口の写真撮影、歯形の採取を行います。

3 治療方針の説明

精密検査の結果に基づきこれから行う矯正治療方法や期間、費用や料金など、詳しくご説明させて頂き、
患者様が納得して矯正治療を受けていただけるよう、じっくりと話し合います。

4 矯正治療開始

いよいよ治療開始。装置を付ける前に、虫歯治療や歯みがき指導を行います。外から見えない3D装置やプレート(床矯正)など顎の成長に合わせた拡大を行います。

5 保定

正常な咬合になり上下とも歯並びがキレイに並ぶと、器具を外す準備をします。動かした歯の周囲の骨はまだ完全に再組織化されておらず、
ここからは取り外しの可能な器具を使用して保定します。
後戻りを防ぐためにも定期的な検診を受けることが大切です。